特鮮レシピ

●TOP
 
 
 
     
    気品のある姿のよさと淡泊な味わいの鮎。日本の淡水魚の代表でもあり、古くから詩歌や絵画などの題材として親しまれてきました。鮎は川底の水ごけを食べるので香りが良く、内臓で作った塩辛の「うるか」も美味とされています。
   
 
       
稚鮎の天ぷら   鮎の田楽みそ焼き   鮎のパン粉焼き   鮎ごはん   鮎の甘露煮


かますあなごしらすすずきあゆあらスパイシーシーフードあじ

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

     
 


この季節ならではのごちそうです。

材料(4人前)

稚鮎…………………20尾
小麦粉………1/2カップ
揚げ油・天つゆ・ししとう・塩……………各適量

 

(A)
卵………………1/2コ
冷水…………2/3カップ

   
作り方            
1

鮎は塩をふってぬめりを洗い流し、水気を拭き取る。
2

ボールなどにAをよく溶き合わせ、小麦粉を加えてさっくりと混ぜ合わせる。
3

揚げ油を180度Cに熱し、2にくぐらせた鮎を入れて揚げる。
4

素揚げにしたししとう、鮎を盛り合わせ、天つゆでいただく。
ポイント! お好みで塩で食べてもおいしい。
 もどる

     
 


淡泊な鮎に甘味のあるみそがよく合う。

材料(4人前)

鮎……………………4尾
赤みそ……………100g
砂糖・みりん
…………各1/4カップ
塩・けしの実……各適量

 

   
作り方            
1

鮎は塩をふってぬめりを洗い流し、水気を拭き取りのぼり串を打つ。
2

鍋に赤みそ、砂糖を入れてよく混ぜ合わせ、みりんを少しずつ加えて溶きのばす。弱火にかけて、焦がさないように練り上げる。
3

1の鮎を焼き網で焼き、練りみそを塗って乾かす程度に焼いて、けしの実をふる。
ポイント! 田楽みそに木の芽や、ゆずの皮を加えても。
 もどる


     
 


鮎にハーブの風味がおいしい。

材料(4人前)

鮎…………………4尾
オリーブオイル
………………大さじ6
パン粉・塩・こしょう・ミックスハーブ・ピーマン・オレガノ……各適量

 

   
作り方            
1

鮎は塩をふってぬめりを洗い流し、全体に塩、こしょうをふる。
2

グラタン皿に鮎を並べ、オリーブオイルをかけ、パン粉、ミックスハーブをふりかける。
3

切ったピーマンを添えてオーブントースターで約8〜10分焼く。皿に盛り付け、オレガノを添える。
ポイント! オリーブオイルはかけすぎるとくどくなるので注意。
 もどる

     
 


鮎の香りをごはんに炊き込んで。

材料(4人前)

鮎…………………2尾
米……………3カップ
塩・たで………各適量

 

(A)
だし汁…………3カップ
酒………………大さじ3
塩・しょうゆ…各小さじ1

   
作り方            
1

鮎は塩をふってぬめりを洗い流し、全体に塩をふる。
2

焼き網で鮎を焼く。
3

土鍋にといでおいた米、Aを入れて火にかける。
4

強火にかけ、煮立ってきたら鮎を並べる。中火にして6〜7分、水分がなくなってきたら弱火にして7〜8分炊く。
         
5

火を止めて蒸らし、たでの葉をあしらう。
ポイント! 鮎にしっかりと焼き目をつける。
 もどる

     
 


ゆっくりと煮て味をしみ込ませて。

材料(4人前)

鮎……………………4尾
しょうゆ………1カップ
砂糖…………1/2カップ
水あめ……………100g
水………………3カップ
塩…………………少々

 

   
作り方            
1

鮎は塩をふって、ぬめりを洗い流す。
2

鍋に水、半量のしょうゆ、砂糖、水あめを煮立て、鮎を並べる。
3

弱火にして約30分〜40分煮る。途中、水分がなくなったら水を足す。
4

鮎を取り出し、煮汁に残りのしょうゆ、砂糖、水あめを加えて煮詰める。鮎を戻し入れ弱火でさらに約1時間煮て煮汁がなくなってきたら火を止め、味をなじませる。
ポイント! 時々鍋をゆすりながら焦がさないように注意する。
 もどる

copyright