特鮮レシピ

●TOP
 
 
 
     
    春は行楽のシーズンでもあり、お弁当を作る機会も多くなります。いつもよりちょっとひと手間かけた魚料理のお弁当を作ってみては?魚は肉類よりもバリエーション豊富で、季節の味を楽しめます。前日に下ごしらえをしておけば朝に手早く作れますので、是非チャレンジを。
   
 
       
銀だらのピカタ   シュリンプバーガー   かじきまぐろの磯辺揚げ   ほたてのクラッカー揚げ   まぐろのマスタード焼き


きすまながつおサーモンいさきさざえお魚を使ったお弁当お魚を使ったお茶漬けお魚を使った朝食

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

     
 


魚嫌いの子供も喜ぶ味。

材料(4人前)

銀だら切り身……2切
卵…………………1コ
小麦粉……………適量
バター………大さじ1
こしょう・パセリのみじん切り………各少々

 

   
作り方            
1

銀だらは一口大に切って、こしょうをふり、小麦粉をまぶす。
2

卵を溶いて1をくぐらせ、バターを熱したフライパンで、両面焼く。
3

2が焼き上がったら、パセリのみじん切りをふる。
 
ポイント! 好みでケチャップをかけてみても。
 もどる

     
 


えびの風味たっぷりのサンドです。

材料(4人前)

むきえび…………200g
玉ネギ…………1/4コ
グリンピース
………………大さじ3
バンズ……………4枚
サラダ菜…………4枚
マヨネーズ・ケチャップ……………各適量
サラダ油……大さじ2

 

(A)
パン粉…………大さじ3
卵………………1/2コ分
塩・こしょう……各少々

   
作り方            
1

むきえびは粗くたたく。
2

ボールに1と玉ネギのみじん切りとAを入れてよく混ぜ合わす。
3

2にグリンピースを加えて混ぜ合わせ、4等分にして丸く形作り、サラダ油を熱したフライパンで、両面をこんがり焼く。
4

バンズを半分に切って、切り口にマヨネーズをぬり、サラダ菜と3をのせ、好みでケチャップをかけてはさむ。
ポイント! 帆立貝やいかで作ってもおいしい。
 もどる


     
 


のりの風味がごはんによく合う。

材料(4人前)

かじきまぐろ切り身
………………………2切
のり………………1/2枚
小麦粉・揚げ油…各適量

 

(A)
しょうゆ……小さじ2
塩・こしょう…各少々



(B)
小麦粉………大さじ4
水…………1/2カップ
   
作り方            
1

かじきまぐろは棒状に切り、Aで下味をつけておく。
2

1に細長く切ったのりを巻き、小麦粉をまぶす。
3

Bを混ぜ合わせて2をくぐらせ、180℃に熱した揚げ油でこんがりと揚げる。
 
ポイント! 前日に下味を付けておくと手早くできる。
 もどる

     
 


パリパリとした食感がおいしい。

材料(4人前)

ほたて貝柱…………8コ
クラッカー………10枚
卵……………………1コ
小麦粉・揚げ油…各適量
塩・こしょう……各少々

 

   
作り方            
1

ほたて貝柱に、塩、こしょうをふる。
2

クラッカーは細かくくだいておく。
3

1に小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、クラッカーをまぶしつける。
4

180℃に熱した揚げ油で3をカラリときつね色に揚げる。
ポイント! アーモンドやピーナッツをつけて揚げてもおいしい。
 もどる

   

 

 

 


粒マスタードのスパイシーな味わい。

材料(4人前)

まぐろ赤身…………1さく
しょうゆ・みりん
…………………各大さじ2
粒マスタード・サラダ油
…………………各大さじ1 和がらし…………小さじ2

作り方            
1

まぐろの赤身は2cm角に切る。
2

ボールにしょうゆ、みりん、粒マスタード、和がらしを入れてよく混ぜ合わせる。
3

2にまぐろを加えて、10分〜20分ほど漬け込む。
4

フライパンにサラダ油を熱し、3をこんがりと焼く。
ポイント! まぐろの刺身の残りものを利用してもよい。
 もどる

copyright