特鮮レシピ

●TOP
 
 
 
     
    きんきには「きんき」「きちじ」「あかじ」などと地方によって色々な呼ばれ方があります。分類ではかさご科に入り、高級魚として干物やかまぼこの原料にもなっています。栄養価も高く、たんぱく質やビタミンAも豊富です。
   
 
       
きんきの粕漬け混ぜごはん
  きんきのナポリ風煮込み   きんきの煮付け
  きんきのおせんべ風   きんきの中華風姿蒸し


さわらかきたらいとよりきんきわかさぎ金目鯛

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

     
 


粕漬けの風味がごはんとよく合う。

材料(4人前)

きんき粕漬け………1尾
ごはん………茶碗4杯分
いんげん…………10本
塩・黒ごま・しょうゆ
…………………各適量

 

(A)
卵……………………1コ
塩……………………少々
砂糖…………小さじ1/2

作り方            
1

きんきの粕漬けは焼いて身をほぐし、皮や骨を取り除いてしょうゆをまぶしておく。
2

Aで炒り卵を作る。いんげんは茹でで細かく切る。
3

温かいごはんに1,2を加えて混ぜ合わせ、塩で味を整える。
4

器に盛り、黒ごまをふる。
ポイント! 粕漬けの小骨はできるだけていねいに取り除いて。
 もどる

     
 


ダイナミックに煮込んだイタリアの漁師料理。

材料(4人前)

きんき………………1尾
にんにく……………1片
玉ネギ……………1/2コ
ミックスオリーブ…80g

ケーパー……大さじ1
白ワイン………200cc
オリーブオイル
………………大さじ2
塩・こしょう…各少々

作り方            
1

きんきはうろこをひき、えらと腹ワタを取り除いてよく洗う。
2

フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにく、玉ネギを入れて炒める。
3

きんきを盛り付ける方を下にして入れ、焼き色がついたら付いたら裏返す。
4

白ワイン、ミックスオリーブ、ケーパーを入れてふたをし、時々ゆすりながら約15分〜20分煮る。
ポイント! あさりなどの貝類をいっしょに煮込んでもおいしい。
 もどる


     
 


脂ののったきんきの1番おいしい食べ方。

材料(4人前)

きんき(切身)……4切
生姜…………………1片
しいたけ……………4コ
いんげん……………30g

(A)
だし汁………2カップ
しょうゆ・みりん・酒
…………各1/3カップ

作り方            
1

鍋にA、生姜の薄切りを入れて火にかける。
2

煮立ってきたらきんきを並べる。中火で時々煮汁をかけながら約15分〜20分煮る。
3

きんきを取り出して飾り切りにしたしいたけ、半分に切ったいんげんを入れてさっと煮る。
4

器にきんきを盛り付け、いんげんを添える。
ポイント! 煮汁は必ず煮立ててから魚を入れると生臭くならない。
 もどる

     
 


きんきを薄くたたいて揚げたおつまみです。

材料(4人前)

きんき………………2切
片栗粉・塩・揚げ油・
すだち……………各適量

 
作り方            
1

きんきはうろこを落として薄いそぎ切りにし、軽く塩をふる。これをラップ材などにはさみ、めん棒などでたたいて薄くのばす。
2

片栗粉を両面に押しつけてはたき、180℃に熱した揚げ油に入れ、カリッとなるまで揚げる。
3

器に盛り、飾り切りにしたすだちを添える。
   
ポイント! できるだけ薄くたたくと歯ざわりよく揚がる。
 もどる

     
 


魚のおいしさをシンプルに味わう一品。

材料(4人前)

きんき………………1尾
しいたけ……………2コ
筍水煮………………30g
長ネギ………………1本
生姜…………………1片
塩……………………少々

(A)
老酒……………大さじ3
しょうゆ・ごま油
………………各大さじ1
塩・こしょう……各少々

作り方            
1

きんきはうろこをひき、えらと腹ワタを取り除いてよく洗い、全体に塩をふる。
2

しいたけ、筍の水煮は薄切りにし、長ネギ、生姜はせん切りにする。
3

きんき表面に切り込みを入れ、しいたけ、筍を差し込む。お腹には長ネギ、生姜を詰める。
4

お皿にきんきをのせ、蒸気のたった蒸し器に入れて強火で約12分蒸す。
         
5

仕上げに、ひと煮立ちさせたAをかける。
ポイント! 蒸す時にでる煮汁を時々かけるとより味がなじむ。
 もどる

copyright