特鮮レシピ

●TOP
 
 
 
     
    日本人が一番好きでたくさん食べている魚はなんといってもまぐろです。まぐろ類の年間漁獲量は全世界で約165万tですが、その3分の1量が日本で食べられているそうです。お寿司や刺し身に、日本の食卓には欠かせないまぐろですが栄養価も高く、コレステロール値を押さえるエイコサペンタエン酸(EPA)や頭の働きをよくするといわれているドコサヘキサエン酸(DHA)を多く含んでおり、おいしいだけではない効果があるのもうれしいところです。
   
 
       
まぐろ山かけ   まぐろの辛子酢みそ和え   まぐろのタルタルカナッペ   まぐろとネギの甘みそ炒め   しいたけのネギトロ焼き


あじいかいわしうなぎかつおまぐろ

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

     
 


まぐろの相性のよいとろろいもを合わせて。

材料(4人前)

まぐろ………300g
大和いも……250g
青じそ・しょうゆ・
わさび………各適量

 

   
作り方            
1

まぐろは1.5cm位の角切りにする。
2

大和いもはすりおろし、さらにすり鉢ですってなめらかにする。
3

器に青じそを敷き、大和いもをかけ、わさびを添える。しょうゆをかけていただく。
 
ポイント! 大和いもはすりおろしてからすり鉢でするとなめらかさが違います。
 もどる

     
 


辛子の風味が食欲をそそります。

材料(4人前)

まぐろ………250g
万能ネギ……1/3束
酢…………大さじ2
練り辛子…小さじ2

 

(A)
白みそ………大さじ3
みりん………大さじ1
しょうゆ・砂糖
…………各小さじ2

   
作り方            
1

まぐろは1.5cmの角切りにする。万能ネギは5cm幅に切りさっと茹でる。
2

Aを小鍋に入れて弱火にかけて練る。
3

2でまぐろ、万能ネギを和えて器に盛る。
 
ポイント! 辛子酢みそはよく冷やしてから和えること。
 もどる

     
 


まぐろのたたきを洋風にアレンジ。

材料(4人前)

まぐろ(中おち)
…………………200g
玉ネギ…………1/4コ
きゅうり………1/2本
マヨネーズ・バゲット
………………各適量

 

(A)
オリーブオイル
………………大さじ2
塩・こしょう…各少々
レモン汁……小さじ1

   
作り方            
1

まぐろは包丁でよくたたいて、みじん切りにした玉ネギ、きゅうり、Aを加え、よく混ぜ合わせる。
2

バゲットは1cmの厚さに切り、トーストする。
3

バゲットはまぐろをのせ、マヨネーズを絞る。
 
ポイント! ごはんにのせて、しょうゆをかけてもおいしい。
 もどる

     
 


コクのある甘みそを加えた夏向きの炒めもの。

材料(4人前)

まぐろ………300g
長ネギ…………1本
赤ピーマン……2コ
生姜……………1片
油…………大さじ1
片栗粉………適量

 

(A)
しょうゆ・酒
…………各大さじ1


テンメンジャン
……………大さじ2
しょうゆ・酒
…………各大さじ1
こしょう………適量
   
作り方            
1

まぐろは1cmの厚さのそぎ切りにし、Aの下味をつけてしばらくおく。
2

長ネギは斜めに切り、赤ピーマンは短冊に切る。
3

フライパンに油を熱し、みじん切りの生姜を炒める。片栗粉をまぶしたまぐろを入れて強火で炒め、長ネギ、赤ピーマンを加え、Bで調味する。
 
ポイント! まぐろの表面は、焦げ目がつくくらい焼いた方がおいしい。
 もどる

   

 

 

 


ビールやお酒のおつまみにぴったり。

材料(4人前)

まぐろ(中おち)
…………………200g
万能ネギ…………5本
マヨネーズ…小さじ2
しょうゆ……小さじ1
しいたけ…………8コ
すだち…………適量

作り方            
1

まぐろは包丁でよくたたいて、小口切りの万能ネギ、マヨネーズ、しょうゆを加える。
2

しいたけは軸を切り落とし、1をこんもりとのせる。
3

オーブントースターで4〜5分焼いて、すだちを絞っていただく。
 
ポイント! 残ったお刺し身の利用法にもぴったりです。
 もどる

copyright