“『んめぇ青森』特集イメージ画像"

『んめぇ青森』特集 ─ 青森県と連携、生鮮魚介ブランド「んめぇ青森」─

んめぇ青森 / 青森県 / 美味しい / リンゴ / ねぶた / 五所川原の立佞武多 / 白神山地 / 十和田湖 / お魚天国 / 3つの海 / 生鮮魚介ブランド

2016.03.19

青森、といったら何を思い出しますか? やっぱりなんといっても真っ赤なリンゴ。種類も豊富でどれも美味しいですよね。
勇壮なねぶた祭も有名。青森の「ねぶた」、弘前の「ねぷた」、五所川原の立佞武多などそれぞれ趣が違って、見るものを魅了します。また世界遺産の白神山地や十和田湖など大自然を体感できる場所としても知られています。
いよいよ北海道新幹線が開通することもあり、今ますます注目の県。自然味あふれた北国だから農作物やお酒が美味しいイメージもあるけれど、実は海産物も絶品なんです。

“3つの海を持つ青森県”の豊富な海産物。

本州の最北端にある青森県は日本海太平洋、両方から海の幸が獲れちゃう、お魚大国。くわえて北海道との間にある津軽海峡もムラサキウニやヤリイカなどの漁場として全国にその名を轟かせています。日本海側は暖流、太平洋側は暖流と寒流だから、とにかく穫れる魚の種類が多いんです。

マグロやサケなどなじみのお魚のほかにも、ヒラメ、メバル、タラなど、挙げたらキリがありません。さまざまな種類のイカやホタテ、シジミといった貝類も有名。漁獲量だけでなく品質の高さも知られていて、全国の食通の舌を満足させています。
3つの海があって、さまざまな種類のお魚が穫れるなんて本当、うらやましいですね。

青森県産を応援するブランド『んめぇ青森』のシールに注目!

東信水産では青森県と連携し、首都圏でも美味しい北国のお魚が食べられるように青森県産を応援するブランドを立ち上げました。
題して「んめぇ青森」。『んめぇ』とは青森の方言で『美味しい』という意味、味に自信があることが伝わってきますね。

プロジェクト第一弾として3月23日〜3月29日まで期間限定で、特設コーナーを設置し、青森県産の生鮮魚介をご紹介します。
雄大な自然や3つの海をイメージした紺色と、高級感とプライドを表現した銀色のロゴが、青森県産の生鮮魚介だということをアピール。このシールが貼られた商品は新鮮な青森県産なのでぜひ手にとってみてください。

首都圏の大手百貨店店舗や荻窪総本店で開催しますので、この機会に美味しい青森県産を手に入れて、食卓を彩ってみましょう。