青森県知事&中泊町長が荻窪総本店で12月1日(土)17時PR~青森県産品先着100名にプレゼントなどのイベントも~

2018.11.27

報道関係各位

報道関係各位
2018 年11 月27 日

東信水産株式会社

 

タイトル

首都圏を中心に生鮮魚介専門店を30店舗展開する東信水産株式会社(東京都杉並区、代表取締役社長:織茂 信尋http://www.toshin.co.jp/)は、青森県と連携した青森の旬の魚を提供する「青森県のお魚フェア」を2018年11月28日(水)から12月4日(火)の期間限定で開催します。「本マグロ」「真ダラ」「小川原湖シジミ」「ヒラメ」「メバル」などの生鮮魚介を、東信水産荻窪総本店をはじめ大手百貨店内など、関東圏内の東信水産の全店舗で販売します。

【青森県知事&中泊町長が12月1日荻窪総本店でイベント開催】

東信水産は、首都圏の大手百貨店内に店舗を構える立地の強みがあります。魚を販売するだけではなく、魚を食べる生活を提案するという指針のもと、さまざまな創意工夫を凝らした施策を打ち出しています。このような取り組みなどが青森県から高く評価され、第一弾として2016年3月23 日に初めて同フェアを実施しました。同年12月、2017年11月に青森県知事、2018年3月には中泊町長による県産品のPRが行われました。

本年度は、青森県知事と中泊町長による県産品のPRを12月1日(土)に次のとおり行います。

PRイベント 17:00~17:40 東信水産荻窪総本店:杉並区上荻1-9-1 荻窪タウンセブン地下1階

・ 出席者:三村申吾青森県知事、濱舘豊光中泊町長、東信水産株式会社 織茂信尋社長、
荻窪タウンセブン株式会社 織茂章則社長
① 17:00~17:10あいさつ:三村申吾青森県知事
② 17:10~17:20店内巡回による県産品PR県産品販売テナントの巡回・激励
③ 17:20~17:35プレゼント配布(りんごジュースのプレゼント/先着100名)
④ 17:35~17:40試食宣伝 じゃっぱ汁(中泊町産はたき昆布入り)

 

 

 

 

aomori 1

昨年11月25日、同フェアのイベントで荻窪総本店を訪れた三村青森県知事(写真中央)とPR隊。

 

aomori 2

一昨年開催の同フェアで、荻窪総本店の店頭を飾った青森の旬の魚。

 

東信水産株式会社 

本 社                   :東京都杉並区上荻1-15-2 丸三ビル3階     電話:(03)3391-2226(代)

設 立                   :1949年1月

代表取締役社長     :織茂 信尋

資本金                  :5,000万円

売上高                  :70億円(2017年1月期実績)

従業員数               :476人(2017年1月末時点)

事業内容               :生鮮魚介類の小売販売、宅配デリバリーサービスの運営

店舗一覧               :http://www.toshin.co.jp/shop/